呼吸器疾患の看護関連図・看護過程フロー1【気胸・肺炎・間質性肺炎・結核・気管支拡張症】

気胸

看護問題の指針

  • 呼吸困難は不安や恐怖感が強い
  • 再発率が高いことから、日常生活動作において注意する点を理解することが必要
  • 心身の両側面から支援する

看護過程フローチャート

気胸の看護過程フローチャート

肺炎

看護問題の指針

  • 急性期は炎症と体力の消耗から生活が障害されやすい
  • エネルギー消費増大は低栄養状態をきたし、免疫機能の低下につながる悪循環になる
  • 呼吸困難は不安や恐怖感が強い

看護過程フローチャート

肺炎の看護過程フローチャート

間質性肺炎

看護問題の指針

  • 労作時の呼吸困難からADLの困難につながる
  • 感染や低酸素による肺機能の急性増悪に注意
  • 呼吸困難は不安や恐怖感が強くなり、それにより呼吸困難も増大する

看護過程フローチャート

間質性肺炎の看護過程フローチャート

結核

看護問題の指針

  • 結核は慢性経過をたどる消耗性疾患
  • 感染力が高い
  • 長期間の治療が必要、治療への正しい理解と参加が必要

看護過程フローチャート

結核の看護過程フローチャート

気管支拡張症

看護問題の指針

  • 気管支拡張症は組織の不可逆的変化であるため、完治することはない。
  • 日常では治療参加、生活管理が重要になる。
  • 症状の重症化を防ぐためにも、感染症の予防、気道浄化が最優先となる。

看護過程フローチャート

気管支拡張症の看護過程フローチャート